婦人

様々な肌に関する問題を美容皮膚科で解決しよう

紫外線を防ぐ

笑顔のレディ

紫外線は太陽光の一部で、赤外線、可視光線とともに地上に降り注ぎます。その成分の割合としては、紫外線はおよそ5パーセント程度とされていますが、人体に対しては最も害のある光線と位置付けられています。紫外線は、波長によって様々な分類に分けられます。例えばオゾン層でブロックされるのはUVC、地表まで到達するのはUVBはUVA、といった具合です。
ここで、それぞれの分類について確認します。まずはUVBです。UVBは皮膚の表皮層まで侵入するものです。表皮層に侵入されてしまうと、発がんの原因になったり、メラニンの発生が促進されたり、といった影響がでます。次に、UVAについてです。これは表皮層の下に位置する真皮層まで届く成分です。これらの成分は基本的に害を及ぼすものですが、利点が全くないわけではなく、ビタミンD3を合成してくれるという特徴があります。これまでは、ビタミンDが骨の発育に良いとされ、日光を浴びることが推奨されましたが、現在では他の影響もあるという点が表面化しています。
UVBやUVAが間接的にもたらす現象として、光老化というものがあります。これは光によって起こる老化として捉えられ、通常の老化とは異なるものという扱いです。表皮層で細胞が変わってしまい、メラノサイトが増加してしまうことで起こる現象です。紫外線が肌に触れることで活性酸素となり、それが光老化に繋がるのです。
しかし、通常の老化ではないため防ぐこともできます。具体的には紫外線の影響を少なくすることです。行なうケアとして適切なのは、日焼け止めの使用です。これは塗りなおすことでより効果を発揮します。しかし、紫外線を既に過剰に浴びてしまったという場合もあるでしょう。そのような場合は、大阪の美容皮膚科へ足を運ばれてはいかがでしょう。
過剰に紫外線を浴びた際に大阪の美容皮膚科にて行なうケアとして、抗酸化物質の薬剤やサプリメントの投与があります。メインの栄養素をビタミンCや達オンなどです。美容皮膚科は大阪や全国に点在していますが、それぞれの美容皮膚科のみで扱われている塗り薬というのもあり、試してみるのも手段の一つです。
紫外線を防ぐにあたり、個人での予防は大事ですが、その一方で大阪の美容皮膚科の施術を利用するのも一つの方法です。ビタミンCやタチオンの注射は紫外線予防に一役買いますので、一度試してみるのも良いでしょう。