婦人

様々な肌に関する問題を美容皮膚科で解決しよう

ほうれい線とたるみ

鏡を見るレディ

大阪の美容皮膚科ではほうれい線とたるみの対策も行なっています。これらは手術の方法を用いないため気楽に行なうことができます。その方法をお伝えする前に、まずは原因について確認していきます。
ほうれい線は、鼻横から口角の外側に対して現れる線です。それは、頬と口周りの境界線のようにも見えます。ほうれい線が深くなってしまうと、顔が老けたと認知することに繋がります。ほうれい線は、頬のたるみが原因として挙げられます。たるみは顔の様々な位置に発生することがあり、頬の他には目の周辺や全体のフェイスラインがそれに挙げられます。
たるみの原因を見ていくと、皮膚や筋肉における要因が発見されます。皮膚を形成する真皮層のコラーゲンは、紫外線などの影響により減少していきます。コラーゲンが減少すると皮膚が緩むことに繋がりますので、たるみやシワの原因となります。なお、これは顔全体に共通している点です。また、たるみについては脂肪組織の増大による出現も考えられます。そして、表情筋の変化もたるみの原因になりやすいです。表情筋は皮膚に付着するものが多いためです。このように、たるみの原因となり得るものは様々なものが挙げられるのです。
たるみについては、以前まで手術が必要だったため美容皮膚科の範疇外となっていましたが、現在では手術の必要がない治療法が編み出され、大阪の美容皮膚科においてもたるみを扱うことが増えているという状況です。その方法をいくつか取り上げます。まずは機器を使用することによる治療です。具体的に扱う器具として、まずラジオ波が挙げられます。ラジオ波を用いることで、皮膚表面へダメージを与えずにコラーゲン層を刺激できます。術中に感じる痛み他の施術に比べて大きいものになっていますが、その効果は高いのが特徴です。レーザーを用いた治療も存在します。この治療は様々な観点から注意して行なうことで効果を発揮します。照射の仕方やその強さの調節、回数といった要素が結果を左右します。大阪の美容皮膚科において機器を用いない施術として、ヒアルロン酸やボトックスの注入が挙げられます。大阪の美容皮膚科において、ヒアルロン酸はほうれい線の領域や頬に対して注入することが多いです。ボトックス注入は表情筋に対して行なわれることが多いです。これは継続することで顔全体のたるみが起こりにくくなるという効果があります。また、マイクロボトックスという方法もあります。これは皮膚の浅い部分に対して微量のボトックスを注入する方法です。筋肉の表面繊維だけをターゲットに絞ることで皮膚の表面を滑らかにする効果があります。
大阪の美容皮膚科において行なえる施術はこれだけにとどまりません。美容皮膚科へ問い合わせをすることで、どのような施術があるか確認できるでしょう。