婦人

様々な肌に関する問題を美容皮膚科で解決しよう

クリニックでビタミン摂取

鏡を見る人

ビタミンCには様々な効果があります。例えば、アミノ酸の代謝を良くしたり、コレステロールの代謝に関与したり、などといったものが挙げられます。また、シミに対しても効果を発揮するのがビタミンCです。しかし、それ以外にも特に注目されているのが抗酸化作用と抗がん作用、そしてコラーゲン生成補助です。大阪の美容皮膚科においてもビタミンC摂取の施術が用意されていますが、まずは一般的なビタミンC摂取の仕組みを見てみましょう。
ビタミンCは、体内での生成がされない物質です。動物によっては体内でのビタミンC生成がされるのですが、人間はビタミンCを体内で生成することはできないようになっています。従って、何らかの方法でビタミンCを摂取することが必要になってくるのです。仮に摂取をしなかった場合、壊血病という病気に見舞われたり、コラーゲンが不足することによる肌問題へと繋がります。では、どの程度摂取すれば良いかについてですが、規定では一日あたり100ミリグラムとされています。これはあくまで最低限の量として規定されているものです。薬理効果を期待するためにはより多くの量を摂取する必要がでてきます。なぜなら、ビタミンCは体内で様々な要素に使用され、どんどん減っていくためです。また、ビタミンCは一回の摂取で全量が吸収されるわけではないので注意が必要です。
大阪の美容皮膚科などでは、こうした問題を解決すべく、様々なサプリメントが用意されています。吸収率の高いリポゾームという物質を利用したサプリメントがそれにあたります。ビタミンC摂取には、夕食から就寝前にかけてのタイミングで多く摂取することが効果的とされています。その理由は、肌の回復が就寝中に行なわれるためです。
ビタミンC摂取にはサプリメントを用いるのが一般的ですが、一方で、点滴や注射を行なうという方法も用いられています。点滴や注射は、サプリメント摂取よりもダイレクトなビタミンC注入が行なえます。かつ、血中濃度の急激な上昇が期待できるという優れた効果を発揮します。基本的に自宅では行なえない注射や点滴ですが、大阪の美容皮膚科などでも実施しているかどうか、確認されてみてはいかがでしょう。
ビタミンCは美容の観点から非常に重要な栄養素であることが分かります。個人でのサプリメント摂取の他にも、大阪の美容皮膚科を利用した専用サプリメント摂取、または点滴注射などでより効率的な摂取が可能です。ぜひ一度お試しください。